春樹先生のが読めないです。

最近、あんまり多くの人が読まなそうな本ばかり、手にしていたので(決して読んだわけではない)、そろそろ本を片手に電車に乗ってみるなんていうオシャレ行動をしてみたくて、
それだけのために、本屋に乗り込んでみました(笑)
それこそ、土屋礼央さんのオールナイトニッポンのオシャレ川柳状態ですよ(涙)
手に取ったのは、黄色の本。
村上春樹の、「象の消滅」です。
c0058187_22472324.jpg

昔は、村上先生の本はよーく読んでいました。
特に、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』とか『ねじまき鳥クロニクル』が大好きで、読み漁ってました。
久しぶりの、村上先生の本。

・・・でも、なかなか読み進めないのです。
あんなに面白かったのに。
普通は読み終わってから、感想ですが、今まだ3分の1も読み終わっていません。
とりあえず、がんばって読み終えます。
ありえない!!
にゃにゃにゃにゃーい!!!(はねトビ)
どこの評価も高かったから、面白くないはずないんだけどな。
それこそ、情報社会に踊らされているの?






「象の消滅」 短篇選集 1980-1991
[PR]

by harry_hk | 2005-05-29 22:51 | BOOK