ちょっと待ってよ、ニートの話+α

すっごく長くてごめんなさい。
ニートの記事も多くなったなって。
高齢化もしているそうだし。
こんな記事が載ってました。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ニート“高齢化” 25-34歳、非労働力人口4割増 「経済に損失」
6月5日:産経新聞


 高校や大学を卒業後も就職意欲がなく進学もしないニート(NEET)と呼ばれる若年層や若年失業者に、高齢化問題の波が押し寄せている。特に二十五歳から三十四歳までの男性に、二年以上の失業状態が続いていたり、家事も通学もしない層が目立ち始めており、このままでは日本経済の弱体化にさえつながりかねない。完全失業率が改善の足取りをたどる中、雇用政策は新たな難題を抱えたといえそうで、厚生労働省も対策の検討に着手する考えだ。 
 企業収益の回復を背景に、今年四月の完全失業率は4・4%と七十六カ月ぶりの低水準となり、全体として改善が続いている。ただ、十五歳から二十四歳までの若年男性の失業率が11・3%と突出して高く、政府はこれを「最後の難題」と位置づけて対策を強化してきた。こうした政府の雇用戦略にとって、想定外の伏兵として新たに浮上してきたのが、ニートや若年失業者がそのまま無職状態であり続けるという「高齢化」問題だ。
 総務省の労働力調査によると、二年以上の長期失業男性は、今年一-三月期で四十六万人。このうち約33%にあたる十五万人が二十五歳-三十四歳で、政府が問題視してきた十五-二十四歳の失業者三万人よりも多い。

 同様の現象は、就職意志を持たない「非労働力人口」にも見られる。
 同調査によると、今年一-三月期の集計では、非労働力人口のうち、家事も通学もしていない男性は九百八十三万人で、五年前に比べて27・1%増えている。この大半が定年退職した元サラリーマンなどの高齢者だが、二十五-三十四歳の年齢層も四十万人含まれている。この層は五年前より44・4%も増えた。これは十五-二十四歳が同じく25%増の二十万人にとどまっていることに比べ、突出している。
 厚労省は「過去の氷河期と呼ばれた就職難の時代に定職につきそびれた男性が、そのままニート化し、年齢を重ねている可能性が高い」と分析。こうした男性層が就業しないことについて、「働く意欲のない人が急増すると、日本経済の成長が鈍る。損失は甚大だ」と危機感を募らせる。
 パート労働者などの個人会員が多い労働組合、東京ユニオンによると、「確かに新たな会員に三十代が目立ち始めた」という。
 厚労省の青木功職業安定局長は「もともと若者には『若さ』という武器があるが、年齢を重ねるにつれて、それは使えなくなる。従来とは異なる対策を検討する必要がある」と話している。
 日本の雇用問題は、失業率が改善される裏側で、新たな複雑な課題に直面しているといえそうだ。

◇◇◇◇◇◇
 《ニート(NEET)》Not in Employment,Education or Trainingの頭文字をとった造語。高校や大学を卒業した後、仕事も進学も職業訓練もしない若者を示す概念。英国の労働政策で使われて以来、日本でも失業者、フリーターと並ぶ労働政策の重要課題に浮上した。平成16年版「労働経済白書」では国内には平成15年現在で52万人いると推計している。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ニートという言葉を最初に使ったのはイギリスですが、日本でもその言葉が使われるようになってきました。
厚労省もジョブカフェとかして、若者の就労支援とかしていますし。


・・・でもね。
こんなに税率ばかりどんどん増えて、しかもNPOとかボーナスもないし、任期制の職種が増えたし、それに企業は新人育成は面倒だから、中途採用か、アウトソーシングだし・・・。
養わないといけない団塊の世代数が、あまりにも多すぎるし。
一番分からないのが、民営化=民主化というよく分からない発言。
そんなに、これから就職しようとする年代に押し付けておいてなんなのさと言いたかったり(笑)

思い切って、若者にごめんなさいと言ってから、発言して欲しかったりする。
文〇省さんと厚〇省さんは。
なんだろう、「若さ」で片付ける、エキセントリックな発言は!!(笑)
ゆとり教育も謝ればいいって問題でもなかろうに。
第一、推進してきた、某大学関係の教授陣は名前も出ないし、説明責任も取らないし。

法〇省さんとか防〇庁さんは問題外。

それよりも、どうなんだろうと思うのが、街頭演説に出ている若手議員(区議会とか市議会とか)。
熱意もいいけど、もっと勉強して欲しかったりする。
とりあえず、大体の数値と歴史確認ぐらいの把握はして欲しい。
右とか左とか、そんなことでなくて。


そういえば、ニートと関係ないけど・・・。

名〇屋市の医療保育を認めない理由として、
「子どもが風邪をひいたら、親が看るのが当然だ」
とテレビでどうどうと言ってました。
それについて、サラリーマンのコメントが、
「子どもが風邪ひいたからと言って、会社を休んで、解雇されたら、病院にも連れて行けないですし」
ごもっとも。爆笑。

あぁ、安定職業者には相手がどんな生活をしているのかの想像力も欠如しているのか。
そんなうらやましい性格になりたい・・・。
(もちろん、尊敬するすばらしい人もたくさんいます)


何書いちゃったんだろう。
そんなブログじゃないのに(笑)
[PR]

by harry_hk | 2005-06-05 15:16 | NEWS