『帰ろうかな』を聴いて

少し前のマスターカードのCMで流れていた曲です。
c0058187_19183435.jpg

帰ろうかな・青木カナ・インディペンデントレーベル



青木カナさんはブラジルに渡ってボサノバを歌う歌手です。
この曲は、前半は日本語で、後半をポルトガル語で、ゆったりとした流れを持った曲になっています。
これは、家族や故郷を思って、懐かしい人たちが待っている場所に帰りたいなと、
郷愁にふけると言うものです。
曲がボサノバであることからか、青木カナさんのスタイルなのか、そんなにメッセージ性が強くないので、のんびりと聴く事ができます。
でも、ふとすると泣きそうになっている自分に驚きます。
あんまり、いつも緊張の糸を張り詰めているからでしょうか。
気を抜くと、うわ~って広がってしまうのです。
やっぱり、土台をしっかりとさせていないからでしょう。

旅行に行かなくても、故郷に帰らなくても、そんな気分にさせてくれる不思議な曲です。
インディーズレーベルですから、なかなか手に入らないかもしれませんが、
よろしけばお聞き下さい。

ちなみに、カップリングでは旦那さんと歌っています。
それが、『ダーリンは外国人』のような少しプッと笑ってしまう取り合わせなんです。
ほのぼの。



帰ろうかな
[PR]

by harry_hk | 2005-06-07 19:31 | MUSIC/FILM