「明日また東京へ・・・」の話をするつもりが。

本当に行ったり来たりなのですが、明日また東京に行きます。
というか、明日の目的の県は埼玉です。
そこにちょこっと寄って行きます。
それから、次の日は学会とか某区での打ち合わせとか、
ばたばたとしています。

どうも一昨日から、びっくりするぐらいのダウン気味で、
やる気がないというか、沼にずぶずぶと沈んで行っている感じなのですが、
逆に淡々と仕事は捗ります。
せつないですね。

人の苦労話を聞いていても、それは自慢なのかと思ったりする人がいます。
細木〇子とか・・・
泥水を飲んだ人なんてたくさんいる。
そんなサクセスストーリーでみんなが幸せになる訳ではない。
でも、自分に回ってくる相談者は大体、他の人が手を上げてしまうような方ばかりを回してくるので、その方の人生を拝見すると、とてもじゃないけれど、まね出来ないような壮絶な人生だったりする。

そういえば、テレビである人物が左翼と右翼のどちらでもなく中間の人がいていいのではないかと、意味のよく分からないコメントを言っていた。
中間なんてそんな偉そうことをよく言えるもんだ。
右も左も選べないのはおかしい。
右も左も分からないのに。
それじゃあ、例えば母親が子どもに対して、
私は親ではなく一人の人間として、扱って欲しい。
そういう権利がある。
とか、そんな理由も成り立つのだろうか?
親は親でしかなくて、個としての存在とは別の話だ。
日本人が「なあなあ主義」だとして批判する人もいるが、
なんでも中間にすれば納まるという考えもそのひとつではないなか。
なんて思ったりもする。
どうも、マチュピチュの時代にもそんなことが起こって、戦争になり崩壊の一途をたどったらしい。
歴史は繰り返すんだ。


そういえば、こんな話を最近聞いた。
日本はもはや戦後ではない。
戦前だ・・・。

もしかすると、未来の教科書にはそう書かれるのかもしれない。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

それにしても、なんでこんな文章を書いたのだろうか?
その方が不思議。
こんなことを書いたり、キョンシー対ロボコップとかに絶叫してみたりと、内容がばらばらだから、幅広いと言われるのだろうか・・・・?
というか、当たり前だよと、自分で突っ込んでみたくなったり(笑)
たまには、こんなことを考えたくもなるお年頃なんです。
でも、正直言うと、議論は苦手なんです。
頭が悪いので。
じゃあ、書くなって?
それは、気の迷い。。。

[PR]

by harry_hk | 2005-06-28 09:02 | 戯言