本の値段

昨日帰ってくるのが遅くなってしまい、帰ってからも、あんまりイライラしてウイスキーを
バカ飲みして、結局寝てしまいました。

丸善は楽しかったのです。
まぁまぁ。
いっぱい本を買ったので。
3~4万本を買うと爽快ですね(笑)
でも、かたい本だったので、10数冊なんですけどね。

みなさんどこまで、ご存知か分からないのですが、
研究書でもばらつきがあるのです。

実は西洋哲学の有名な本はそんなに高くないです。
あんまり有名だと文庫化してしまうのです。
ですが、思想の訳本は、分厚くて、3000~4000円になってしまうと思います。

法律関係は安くて、高い本といっても5000円以上の本は滅多に見たことがありません。
もちろん、訳本で以上に分厚かったりしたら、6000円ぐらいというのはあるのですが。
1000円台の本もざらにあるとおもいます。

経済系は2000円台が相場な気がします。

問題は、歴史関係の書物です。(あえて「書物」 笑)
謎の付加価値と、マニア度にびっくりするぐらいの値が付きます。
まず、絶版の本が多いので、古本で高値になってしまいますが、
再販とかしたもので、驚いたのが、B5サイズで150ページぐらいで12000円というのがありました。
最近買った、2000年に出た、A5で350ページの本は140000円でした。
桁間違ってませんよ(笑)
大体、一冊5000~6000円ぐらいと思っておかないと、買えないですね。

だから、古本屋街で、店主が価値が分からないようなお宝を血眼になって探すんです(笑)
とにかく、古本で絶版で、世の中に何冊あるか分からない本を、競うように買うのですから、
まず、パソコン立ち上げてすることは、古本屋チェックです(笑)

ほんと嫌だなって思うのですが・・・。

今回は、保険についての本なので、2000円前後でしたので、
自分の目からしたら、安くて喜んでしまいました。
ほんと、歴史研究って、ペイが少ない商売だと思いますね。

ですが、どうしてもすぐ読みたくて手で持って帰ってきたのですが、
かる~く、エクササイズ状態でした。
宅急便屋に大きなダンボールを送りに行く時のつらさのロングバージョンってところでしょうか?

今日から少しずつ、保険の勉強します。
保険って、生命保険とか損害保険とか医療保険とか色々あるのですが、
とりあえず、生命保険のお勉強ですね。
頭悪いので、覚えられるかどうかわからないのですが、
詰め込み方式でなんとかやってみたいなと思います(笑)

今、色々な保険があるみたいですよ。
ボランティア保険とかセクハラ保険とか・・・。
ちょっと分かるようになったら、保険のお得情報とか危険な話とか書けたらなって思います。
[PR]

by harry_hk | 2005-07-13 08:10 | その日暮らし