この時間に仕事していて

なんだか、真夜中にポツンと仕事とか、論文とか、明日の会議の発表原稿とか・・・
を一人でやっていると、無性に悲しくなってきたりしませんか?
会社でやればサービス残業ですけど、
家でやればサービス残業なんて付かないですよね。
それに、教職関係の方はサービス残業なんて概念自体ないですよね。
だから、最近は離職率も多いのでしょうか?
たぶん、バブル時代は仕事の鬼になっても、それだけの報酬も貰えたでしょう。
でも、いつリストラされるか分からない時代に、残業している意味もよくわからなくなったりしませんか?
そこら辺をみなさんに聞いてみたいです。
あのオー人事のサービズスタッフも会社内でひどいサービス残業を強いていたみたいです。
本当に余裕の無い世の中ですよね。


まぁ、そんな社会の話は置いといてなんですが、
夜中に一人残業の時に、どうやってむなしさを克服するか?
その手段を聞きたいですね。
最近は良くないのですが、買い物かもしれません。
東京で仕事があるときは、いつも東京で服を買っています。
荷物を減らすために。
だから、服とか下着ばかり溜まっていきます。
そういう意味では、衝動買いっていうのでしょうか?


とにかく、以前よりは楽になりましたが、明け方まで仕事をするというのは、
ここ2週間は続いていますね。
気分はいいのですが、体がそろそろ限界かもしれませんね。
もしかすると、こんなブログを書いているという段階で、精神的にもダメなのかもしれません。
そういえば、関係ないウンチクですが、自殺と急性心不全は月曜の明け方がもっとも多いみたいです。加えて、殺人は夕方。
月曜と木曜は気をつけて。
それに、2月あたりと10月あたりも不安定になりやすいので気をつけて。
5月病は、うつ状態にはなりますが、死にませんので、大丈夫(笑)


そんな最悪な豆知識を披露しつつ、また、作業に戻ります。
ちなみに、この文章を書くだけで2分ぐらいしかかかりません。
それに、モバイルは発達してるから、どこでもブログなんて更新できるんですよね。
ようは、その人のやる気?
もしくは、ブログ依存?


久しぶりに、日記らしい日記を書いた気がする。
そういう意味では、個人的に満足。
みなさんには、ご不快になられるかもしれないけれど。
[PR]

by harry_hk | 2005-07-16 04:15 | その日暮らし