ブックバトンというか絶版ブックバトン(笑)

さー困りました、ブックバトン。
ずっと、自分のブログを見ていただいている方ならご存知かと思いますが、
かなりの勢いで、難解・絶版・高額の3拍子だったりするので、
読んでといわれても、国会図書館以外だと、かなり難しい状態かもしれません。
そんなものを紹介されても・・・って感じですよね。
しかも、以前に紹介したのとダブりますし。
それから、十分歴史上の人物ばかりなので、ある意味、歴史バトンにもつながってしまうのでは?あえて言うなら、近現代限定歴史バトン(笑)
まぁ、一応、そういうことで。



①本の冊数ですか?
分かりません(笑)
とりあえず、本棚だけで、今のところ14個あります。
それ以外のものは、ダンボールですね。

②今読んでいる本は?
というか、読みかけの本は、数十冊で、雑誌記事だと、100を超えるので、数えられません。

③とりあえず、読みたいのは漫画と小説ですね(笑)

④オススメの5冊というか、棺おけに入れる5冊です。

小林文成『老人は変わる』(とりあえず、『福寿草』をここでは載せました)
c0058187_9561224.jpg

東清和『人間関係の葛藤』
c0058187_956357.jpg

若木竹丸『怪力法』
c0058187_9571781.jpg

穂積陳重『隠居論』
c0058187_9573428.jpg

鎌田慧『日本人の仕事』
c0058187_9575452.jpg


です。この本は、どれもやばいぐらいいい本です。
自分の根幹の本ですね。
本の内容紹介は、また改めてぼちぼちします。
東先生のは以前紹介しました。
吉本隆明『老いの流儀』や鶴見俊輔『転向研究』、江藤淳、留岡幸助、鈴木大拙、網野善彦、上原専禄・・・などあえてさけました。
上の本のほうがよっぽどインパクトあるので。
『怪力法』今買うと、8~15万円です。オークションに出ればですが・・・。
『老人は変わる』は世の中に後3冊ぐらいはあると思う。全集で買うならあるけど、そうすると11万円(笑)。この人すごい人。『老後を考える』も内容は同じ感じ。
『隠居論』は最新の復刻なら6000円ぐらいで。でも、初版は数十万はたいて買えるかどうか・・・。
『日本人の仕事』もないですが、もしあったとしたら、ぜひ読んで。絶対号泣哲学。『自動車絶望工場―ある季節工の日記』もかなりいい本。とっても悲しいです・・・。
『人間関係の葛藤』は最終章が奥が深いです。でも、後の章はかなり難しい・・・。

物語は、


c0058187_9273590.jpgサンテグジュペリ『星の王子さま』









c0058187_926919.jpg宮沢賢治『銀河鉄道の夜』









c0058187_925594.jpgミヒャエルエンデ『鏡のなかの鏡』









c0058187_1026049.jpgガース・ウイリアムズ『しろいうさぎとくろいうさぎ』











・・・でしょうか?
下の方は、どこにでもありますね(笑)
みなさん知っているでしょうし。
有名ですが、好きなものばかりですね。

とにかく、大事な本ですね。


⑤バトンを渡すって言ってもね~
絶版ブックバトンなら、渡してみたい人いっぱいいるのですけど(笑)
だって、今のうちに紹介しておかないとだめかもしれないですからねぇ~。
もう、ほとんど復刊ドットコム状態ですね(笑)

どうです?水のココロさんこれでよろしいでしょうか???
issieさんこれじゃあだめですよね?(爆)
もうちょっと宿題にさせてください(笑)
[PR]

by harry_hk | 2005-08-01 02:10 | BOOK