本屋に久しぶりに行く

本屋なんて、よく行っている。

でも、普通のと感じている雰囲気は違うかもしれない。

それは、本屋は、情報という「知」を仕事として、吸収する場であって、

プライベートで行くことはほとんどない。

特に、ここ数年は。

それに、本に使う所にお金を当てることがあまりできなくなってしまった。

なんとなくの出来心で深夜の本屋に入った。

へぇ~、こんな本があるのかとか、

この本買ったことなかったなぁとか、

驚くことばかり。

そんな自分の貼りつめた心が、緩んで、思わず涙が潤んでしまった。

本を選ぶことって、本当に幸せな行為なんだ。

俺はそうつぶやいた。

本当にうれしかった。

本って、読まなくても、あるだけで人を豊かにするものなのかもしれない。

そのことに、感謝してもしきれない。

そんな先日の夜の出来事。。。
[PR]

by harry_hk | 2006-01-27 06:29 | その日暮らし