素敵な椅子

名古屋人なら誰でも知っているナディアパーク。
あの、片方のビルは「国際デザインセンター」なのだそうです。
知らなかった。。。


そこで行なわれた、「第5回 暮らしの中の木の椅子展」に友達を連れて行ってきました!!
名古屋は、5月7日までだそうです。
ちなみに、入場無料。
c0058187_19533915.jpg

4階でやっていたのですが、とても面白かったです。
誰なのかを言っていいのか分からないので、さる御方とでもいいましょうか(笑)
その知り合いの方の入選作品を見に行きました。


中は、大人用と子ども用の椅子に分かれて展示されていました。
後は、椅子の歴史として、大昔の小学校で使っていた木の椅子や、1970年代にデザインされた椅子も置いてあるスペースもありました。
その方の作品は子ども用だったのですが、その情報は知らなかったのです。
でも、なんだか、それだけ目立っていたので、すぐ分かりました。
デザインは、その人を表すという言葉は、なんとなく知っているのですが、ここまで体現したのははじめです。
その椅子に遠くから呼ばれるままに、歩いていきました。


どんな椅子かは、展覧会に行ってみていただきたいと思います。
実は、その方の別のモノを持っているのですが、同じ雰囲気がその椅子からもしました。
自分の中では、その方の作るもののイメージは、「積み木を手で握った時の感覚」なんです。
触ると、なんだかニンマリしてしまうのですよ。
それから、なんだかイタズラ心も出てきてしまうのですよね(笑)


本当はどんなのかお伝えしたい!!!(笑)
とてもコロコロしてますよ。
それに、すごく安全で、他の作品と較べて、ダントツでやさしさがあります。


残念ながら、入賞されなくて、うーん。。。って思ったのですが、多くの人がその方の作品の前で立ち止まって、しゃがんでじっくり見ていました。
良い物は良いんだ。
と改めて思いました。
素敵な一日を過ごせました。
[PR]

by harry_hk | 2006-04-30 20:09 |