スゥオンウーコンな孫悟空

中国人の友達と遊んでいると、たまに謎なことが起こる。
それの一番の問題は、中国で有名なものが、日本に輸入されてきた言葉と、その逆。

例えば、三国志とか、孔子とかといった名前。

何が問題なのかというと、発音が日本と中国で違うので、日本語でしか覚えていないと、なんなのかピンと来ないのですよ。

中国人の友達Aが、

A:そういえば、最近、スゥオンウーコンの番組、テレビでやっていたよねぇ?

ってニコやかに聞くんです。

ハリー:はぁぁぁぁぁぁ~~~~????
     なにそれ?
     そんなテレビってあったっけ?

あぁ、また世の中についていけない自分が。。。(T_T)
って思って、何それ?
って聞いた。そうしたら、

A:猿のヤツ。

っていうから、ははーん、西遊記かと思って、

ハリー:それって、さいゆうき(西遊記)???

って聞いたら、

A:????

な顔をしたので、

ハリー:`ナー シーヨウチー ダ マ? (那,西游记的吗? それって西遊記のこと?)

って聞いたんだよね~。
そうしたら、そうだって。

言われれば、そうなんだけど、むずかしい。
たとえば、
ロウスォン(簡体字:罗森  繁体字:羅森)
ってなんことか分かりますか?
ローソンですよ。
ローソンは中国にいっぱいあるみたい。
知らんかった(名古屋弁使用中)



でも、いいこともある。
「ゴールデンウィーク」は「黄金周」。
GWと書いて、トイレと間違われるよりは、こっちの方が楽。



だんだん、言葉が適当になっていく自分。
そんなこんなで、ずっと、友達とあくせく中国語でがんばって会話していたら、おじいさんとぶつかってしまって、「ごめんなさい」ととっさに言ったけれど、友達に・・・




中国語で言っても、通じない。。。



どうも、中国語で謝っていたらしい。
最近の女子高生よりも、言葉が乱れているハリーでした。
も、もう、俺だめかも・・・orz
[PR]

by harry_hk | 2006-05-05 00:15 | その日暮らし