体を売ること










友達との会話で、もちろん、飲んでる砕けた席での話しなんだけど、
そんなに抱きたいなら、いくら払うんだよ、と言った事がある。
ちなみに、自分は男で。
体を売ってはいけない理由は、今後どこら辺に行くのだろうと思った。
それで、ブログに書いてみた。
体に価値をつけることがよくないかどうかなんて、価値をつけた後の人たちの色々な人生をみていると一概には言えないし。
相対的評価が行き過ぎるとよくないような気はするけれど、それも一概には言えないような気がするし。
体を売りたいなんて、なんでふと思ったのだろう。

最近は、誠実さとか心が売り物になっているような気がするけど、嘘っぽい。
見かけの方が誠実かもなんて思ったり。
だって、誰も本当の気持ちなんてどこまで知りたいか分からないし。
それに、そんなことをするのって。
携帯のメールはお互いに干渉しないのに、心はすべて分かり合いたいって。
理屈は分かるけど、どうなんだろうね。できるのかと思う。

友人に、自分を抱きたい理由を聞いてみた。
自分のものにしたいらしい。
返答に困った挙句だった。
[PR]

by harry_hk | 2007-02-10 17:52 | 戯言