田圃の径を、川沿いを、

最近、ぼちぼちと午前中に走るようにしている。
家は住宅街のはずれにあって、田圃も山も近い。
そちらへ向けて足を運ぶ。
梅雨も明け、急に暑くなったこの時期の田圃は真っ青だ。
その真ん中を走る。
道ですれ違うのは部活へ向かう学生か、田圃の手入れをする農夫か。
どちらにしても、疎らに出会うのみだ。
田圃を抜けると川が見える。
川沿いには遊歩道があって、お年寄りがブラブラと散歩をしている。
そんな中を走る。
田圃を川沿いを。
頭の中がすっきりする感覚。
気持ちの調節ってこういう感じなのかな。
足が軽いのは重たい荷物を降ろしているからかな。
そんなことを色々思う。
[PR]

by harry_hk | 2007-07-30 13:10 | その日暮らし