クリスマスを前にして

まだ、色々と残っているけど、やっと一通り終わった。
というか、今年はもうおしまい。
あー、疲れた一年。
大変だったなぁ。
最近、なんで生きてるのか分からない感じになってる。
人のためにも自分のためにもしている感じはない。
それに、引きこもっている感じもない。
目的的じゃないのってなんだかな。
とりあえず、その場で最前だと思っていることをやってはいるけれど、そんなのは人の雰囲気を加工してるだけで、そこに趣味志向的なことはないし。
こういう状態を外側から見ると、一見順調に見えるのがなんだかな。
精一杯すぎて、自分のできる範囲の社会階層的な取捨選択をする必要があるのだと思うけど、色々なしがらみに絡まりすぎて自分でほどけない。

今年のクリスマスは充電しようかなって思う。
無意味に無作為に人と接触しすぎた。
あまり人の心に訪問するべきではない。
だからこそ性悪説主義なのに。
聖誕の劇の時の馬屋の歌って、どんなのだっけ。
なつかしいなぁ・・・
トントントン、やどやさん、どうか一晩泊めて下さい。
ここの宿屋は一杯ですよ。
こまった、こまった、どうしましょう。
馬小屋ならば空いてます。
さぁさぁどうぞ、お入り下さい。
[PR]

by harry_hk | 2007-12-23 10:41 | その日暮らし