2005年 06月 01日 ( 2 )

心理学について

色々な所で、心理学のお話をされるので、
この際だから、自分が勉強した教科書的なものを紹介しようと思って。
いわゆる一般書ではないですし、反対にとても専門的でもないと思います。
概要書ですね。


学校心理学
―教師・スクールカウンセラー・保護者のチームによる心理教育的援助サービス
c0058187_20115269.jpg

石隈利紀(著) 誠信書房 1999年


スクールカウンセラーを目指す方だったら、ご存知かもしれません。
そこら辺の怪しいカウンセリングの本をいっぱい買うのでしたら、
こちらを断然オススメします。
子育てをされている方々もよろしければ、図書館などで手に取ってみて下さい。
教育関係の方や、産業カウンセラーを目指されている方、コンサルタントの方にもオススメします。
あぁ、それから、一般教養の大学生の方の、レポートにも最適かと(悪知恵コメント)

内容は、読んでいただくとして、目次だけ紹介します。

第1部 理論編―学校心理学の体系(新しい学校教育サービスをめざして)
          アメリカにおける学校心理学
                ―スクールサイコロジストの実践体系
          日本における学校心理学―心理教育的援助サービスの体系
          心理教育的援助サービスの基礎概念
          心理教育的援助を担う4種類のヘルパー
          3段階の心理教育的援助サービス
          スクールカウンセラーに求められる役割に関するニーズ調査から
第2部 実践編―心理教育的援助サービスの実践活動(心理教育的アセスメント)
                ―心理教育的援助サービスの基盤として
          カウンセリング―児童生徒への直接的援助として
          教師・保護者・学校組織へのコンサルテーション
                ―児童生徒へのチーム援助として
          学校心理学の固有性と今後の課題


です。
もちろん「楽しく勉強」程度の本だと思いますので、肩肘をはらずに。
援助とか、コーディネートとか、どのようにチームを組むか、が書かれています。
一人ですることと、組んでやることをどこで線引きするのかは人それぞれですが、お互いにどうするかを理解し合えると、なお良いですからね。
気が向いたら、ちょこっと読んでみてください。





学校心理学
  ―教師・スクールカウンセラー・保護者のチームによる心理教育的援助サービス

[PR]

by harry_hk | 2005-06-01 20:49 | BOOK

はじまりました、クールビズ(笑)

いつまで続くのでしょうか?クールビズは???
ノーネクタイというのなら、デザイン系の人や、部長以上の強面の人が、
マオカラーのシャツを以前から着ていたじゃないですか。
それに、今年流行しそうなネクタイはとってもカッコいいんですよ!!
今年こそ、ネクタイだと思うんだけどなー。

それか、カラーピンというのがあります。
こんなやつ
c0058187_17153428.jpg

どうも、1950年代とかにはちゃんとした場所では使われていたみたい。
今でも、少ないけれど売っているし。
そういえば、ユナイテッドアローズの前を通った時ディスプレイされていたような気がする。
もしかして、今年の流行????
ちなみに、シャツに付けてみると、こんな感じ。
c0058187_179269.jpg

いまいち、写真ではピンと来ないかも。

デュエボットーニとかもあるけれど、結局どこら辺に落ち着くのだろう?
個人的には、タンクトップでOKな世の中になって欲しいような欲しくないような・・・。(どっちやねん)
結局、カッコいい人は何を着てもカッコいいということなんだろうね(涙)

無理じゃ、無理じゃ・・・
[PR]

by harry_hk | 2005-06-01 17:14 | fashion