<   2006年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今日は、計5時間

今日は、色々な所に計5時間ぐらいは怒鳴っていました。
ふ~、疲れた。
今日は、もう寝ようっと。
ほとんどが仕事の話。
怒るのって難しい。
とても神経を使ってしまった。
あぁ、嫌だなあ、そんな役回り。
そういう時って、色々な面倒な作業は後回しにしたくなる。
今日は、もう閉店。
[PR]

by harry_hk | 2006-02-28 20:52 | その日暮らし

なぜ人はそれを聞きたいのかについての一考察(笑)

はじめに。

なんとなく我に返ってしまった自分。

キミって、SとMのどっち???

それを聞いて、オマエはどうしたいんだっちゅ~の!!

どんな参考になるんだっちゅ~の!!

ほんろん。

日本人って白か黒かの二元論を嫌がると言われてるけど、

そういえば・・・

ワタシは、SもMも、両方の面を持ってるの

という人はいても、SとMの間ぐらいという人は聞いたことがない。

恐るべしっ!! SMっ!!

それに、Sと聞いてほっとした~

とかいうフレーズに展開するような話も聞いたことがない。

でも、スポーツで個人競技の人はドMという話がある。

あぁ、オリンピックをまっすぐ観られない!!

そろそろまとめです。

なぜ人はそんなことを聞きたいのでしょうか?

富士急ハイランドのフジヤマに乗りたがる人の脳を解剖すれば分かるでしょう。

それから、心霊スポットに行きたがる人とか。

最後に、今後のかだい。

なにも、解決に至ってないことが課題。

まぁ、いつものことなんだけど。
[PR]

by harry_hk | 2006-02-24 21:25 | 戯言

境界線


境界線のキーワードは「不安定」。

なんでもギリギリというのは不安定なものです。

何かを始めるときも、何かをやめようとするときも。

残るときも、残らないときも。

挑むときも、諦めるときも。

大人になるときも、老いを感じるときも。

どちらかを選択しなければ、させられる、ときはとても不安でしょう。

それでも、二者択一を迫られることは多いのです。

もしかすると、「来るもの拒まず去るもの追わず」という言葉に恐怖するのは、

そういうことなのかもしれません。

そんなに悟らなくても、十分不安定さは感じていますから大丈夫です。

そうやって、すれ違う人の背中を目で追うのです。

[PR]

by harry_hk | 2006-02-24 00:09 | 言葉

鼻毛カッターの話(パイルダーオン!!気味で。)

今日、無性に欲しくなってしまった商品があります。
それは、こんなもの・・・。
c0058187_18441436.jpg










鼻毛カッターです。
なんだか歳とともに鼻毛の伸びが速くなっているような・・・。
ということで、ネットで鼻毛カッターを調べてみたら、あるわあるわ。
鼻毛の手入れは普通のことなんだと、ちょっと安心(笑)
でも、よくみてみたら、男性の使用が一般的なんですね。

すいません、意味不明なつぶやきをします。。。


女性は鼻毛って

あんまりのびないんっすか??



世の中には、分からない事だらけですね。ほんと。(何が?)
自分はひげも伸ばしっぱなしなんで、ひげの手入れをするものもあるのかと調べてみたら、松下が出してました。
あぁ、これも欲しい・・・。


鼻毛かひげか、それが問題だ。。。
(かなり、パクリ 笑)


だれか、鼻毛カッターの使い心地を教えてください。
使用率って何パーセントなんだろうか?
[PR]

by harry_hk | 2006-02-22 18:52 | MONO

今さらねぇ

c0058187_1649448.jpg

『他人を見下す若者たち』という新書を見つけた。
まぁ、新書にありがちな奇をてらったものだと思う。
内容は、


「自分以外はバカ」の時代!
こんな部下、学生、生徒がまわりにいるいる。
●自分に甘く、他人に厳しい
●すぐにいらつき、キレる
●「悪い」と思っても謝らない
●努力せずに、成果がほしい
●無気力、鬱になりやすい
「迷惑な若者」が急増する理由を、明快に説く!


だって。。。
たぶん、若者って昔からこんな生き物なんじゃないのかなぁ?
何を今さらって思うし、たぶん、若者って、社会思想史的には、団塊の世代でもう十分若者だし。
ってことは、そこら辺からの症状なんじゃないのかなぁ?

あぁ。怖い怖い。。。
[PR]

by harry_hk | 2006-02-21 16:55 | BOOK

うれしいこと

今日はうれしいことがありました。
本当にうれしいことです。
本当にうれしいときって、どうなりますか?
自分は、ヘナヘナと座り込みたい気分になりました。
普通は、うれしい時は飛び跳ねて喜ぶのだと思っていたのですが、
そんな喜び方もあるんですね。
自分でもびっくりしました。
[PR]

by harry_hk | 2006-02-17 23:40 | その日暮らし

大阪に行ったら使ってみたいのです

よく分からないけれど、大阪の人は知っているだろうか?



大阪ナイトカルチャー



なんだか、そういうのをしているみたいだ。
その中で、自分に一番興味があったのが、「大阪ナイトカルチャー・ミッドナイトチェックイン制度」というもの。


どういうものかというと、当日の深夜11時を過ぎてから、当日宿泊しよう予約をすると、平均割引で44%値引きするという制度。
半額になるってこと。
それで、またこれを利用できるホテルというのが40件あって、



ウェスティンホテル大阪、大阪キャッスルホテル、大阪新阪急ホテル、
大阪全日空ホテル、大阪第一ホテル、大阪東急ホテル、大阪富士屋ホテル、
大阪リバーサイドホテル、KKRホテル大阪、新大阪江坂東急イン、
新阪急ホテルアネックス、ダイワロイネットホテル四ツ橋、チサンイン梅田、
チサンイン江坂、チサンホテル新大阪、チサンホテル心斎橋、帝国ホテル大阪、
天王寺東映ホテル、天王寺都ホテル、トーコーシティホテル梅田、
ラマダホテル大阪(旧 東洋ホテル)、ホテルプラザオーサカ、
ホテル近鉄ユニバーサル・シティ、ホテルグランヴィア大阪、
ホテル京阪京橋、ホテル京阪天満橋、ホテル京阪ユニバーサル・シティ、
ホテル日航関西空港、ホテル日航ベイサイド大阪、ホテルニューオータニ大阪、
ホテル阪急インターナショナル、ホテルモントレ大阪、ホテルモントレラ・スール大阪、
ホテルメトロThe21、ホテルリーヴァ南海、三井ガーデンホテル大阪堂島、
三井ガーデンホテル大阪淀屋橋、都ホテル大阪、リーガ中ノ島イン、
リーガロイヤルホテル(大阪)




と、有名な所ばかり。
これは利用するしかない!!って思ったけれど、よく考えてみれば、夜中の11時過ぎてからしか宿泊予約できない状況なんて、そうそうないし、どうも2006年の3月末までで、それ以降に実施するのかわからないんだってさ。
それじゃあ、使えないよね。
悲しいなぁ・・・。


ちなみに、そのほとんどが一人部屋の予約だったけれど、1割ぐらいは二人部屋を予約したらしいと、報告書に書いてあった。
それって、11時過ぎて、女の子が


女:「ワタシ、もう電車がなくて帰れなくなっちゃった~」

オヤジ:「しょうがないなぁー。ミッドナイトナイトチェックイン制度というのがあるんだよ。だから安心だ。」

女:「専務ってやさしいのね」

オヤジ:「朝までキミとずっといられるよ」



ってことなのだろうか?(バカ)
頭悪いひらめきですいません。
それとも、病んでいるのだろうか?
だぶん、セクハラ気味(笑)




大阪ナイトカルチャーHP
[PR]

by harry_hk | 2006-02-16 21:37 |

コメダのカツサンド


c0058187_20452184.jpg


最近、大曽根のコメダによく行く。
ちょうど乗り換えするし。
それで、思い切ってカツサンドをたのんでみる。それから、アイスコーヒー。
たしか700円ぐらいだったような。


すっごく大きいんだよね。
口に入らないよ~~~(;゜_゜)
って思いながら、ガブリ。
でら、うま~~~い!!(*名古屋弁ね)


ボリュームあるから、これだけで満足。
女性は食べきれないかも。
でも、名古屋の女性はシロノワール(大)をたいらげるみたいだから、大丈夫なのかも(爆)


やっぱり、喫茶店に入ると落ち着く。
名古屋自慢をするわけではないけど、名古屋の喫茶店の方が数が多いし、いいや。
東京はテーブルがせまい。
それに、椅子が堅い。


今度はマウンテン行かないと!!
イチゴスパとか、キウイスパとか、小倉スパとかあるところ。
場所は分かったんだけど、勇気が・・・。
胃薬も必要だろうな(笑)
誰か、一緒に食べますか?





写真をよく見てみたら、「コンパル」って書いてあるっ!!
えっ!?
コンパルって違う喫茶店じゃなかったっけ???
ということは、ココってコメダ+コンパルってことなのかなぁ?
それとも、最初から提携してるのかなぁ~。
謎だぁ。。。
[PR]

by harry_hk | 2006-02-15 20:55 | FOOD

さっき書き終えた文章のこと

えっと、先ほど文章を締め切りに合わせて、書き終えました。
ここ1年関わってきたプロジェクトがあって、その中の報告書なんですけどね。
資料調査したり、色々な人やお役所にインタビューしたり、イベントに参加したり、見学させてもらったり。
大変だったけど、自分の知らない世界を見せてもらいました。

それは、どんなものかというと、外国人労働者の子どもたちが通ったりしている、外国人学校についてです。
論文って基本的に、「問題だっ!!」路線で書くことが多いと思います。
だから、そんな資料ばかり読んで、頭でっかちになっていたので、問題ばかりなのかと思って、その土地に最初は踏み込んだんです。
でも、そうとも限らなかったでした。
決して裕福な人たちが多いわけではないのですが、そんなに問題視しているようにも思えませんでした。
それよりは、周りの日本人の方がカリカリしている。。。
そんなことを感じてしまいました。
それに、子どもたちがキラキラした目をしてるのですよ。
なんだか、自分の方が苦しかったり、汚れていたり、このことを取り上げようとしていた自分がとても間違っているようにも思えました。

でも、自分で思ったように文章をしてみようと、取り組んですが、結局、そこら辺の問題だと言っている文章と変わらない物ができてしまいました。
やっぱり、ジャーナリストさんたちが書くような生き生きした言葉ってなかなか書けないのだなと、少しションボリしてしまいました。
やっぱり、形態が違いますしね。

とりあえず、ホッと一安心。
先ほど、添付ファイルで原稿を送りました。
協力してくれた人たちに感謝と同時に、自分にはこれからどんな関わりができるだろうとも思ってしまいました。

どこでも言っていることですけど、やっぱりコミュニケーションをとることって大事なんだと思いました。
それから、言葉というのが怖いものだということも知りました。
[PR]

by harry_hk | 2006-02-15 00:53 | その日暮らし

1周年


c0058187_11401221.jpg


とうとうブログをはじめて1周年になりました。
自分でも驚いたのですけど、バレンタインにはじめたとは。。。
なんて、暇人なんだろう(笑)

どうも、365件よりは多く書いているみたいです。
ということは、1日1回以上更新なんですね。
やっぱり暇人だ。

すごく思い深い日記になったような気がします。
プリントアウトして残しておこうかなとも思ったり。
[PR]

by harry_hk | 2006-02-14 11:43 | その日暮らし