<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

教えてください、マイ喘息くんについて



咳ばかり出て、これは喘息だと思って、病院に診察しに行ったのですよ。
そうしたら、喘息ではないと言われてしまいました。
まぁ、これまで喘息なんてなったことなかったのですよ。
でも、咳はひどくて、それで起きてしまうぐらい。
もしかしてアレルギーとかで喘息なんでしょうか?
というか、そういう時は、どういう病院に行ったら、普通に薬をくれるのでしょうか?
肺活量とか血中酸素濃度とか計ると、普通の人を超えてしまうのですよ。
当たり前じゃん、とりあえず、にわか競技者なんだから(笑)
今回もらった薬で、少しは落ち着いているけれど、だからと言って軽くなったわけでもなく。
だれか、喘息のプロいないでしょうか?
ア、アドバイスをっ!!!!
[PR]

by harry_hk | 2006-12-19 22:41 | その日暮らし

NOと言えない日本人

最近言われるのが、嫌なら断ればいいじゃん、という言葉。
そういえば、NOと言えない日本人という本もあったっけ?
あの時は、そうだね、日本人ってダメだねと思っていたけれど、最近そういうのあやしいような気がする。
断らないならなんでも言えるって感覚過ぎる気がする。
それなら、なんでも見切り発車でしゃべってしまっていいの?
というか、欧米だからってそんな社会なわけネーじゃん!!(笑)
流行した考え方って、時間が経つとやっかいな代物になるんだね。。。
しみじみとやっかいだと思ってしまった今日この頃。
ちなみに、昨日の仕事終わりが夜中の1時半で、仕事スタートが6時半でした。
シュールだったので、ブログを更新して、プチ反抗。
って、小さいなぁオレ。
[PR]

by harry_hk | 2006-12-18 15:46 | その日暮らし

最近呼ばれているあだ名

尊敬しているトレーナーをしている人に、最近呼ばれるあだ名。。。





家畜。





ど、どうなんだろう。。。
お前はオレの家畜の牛だ。
・・・そうです。
でも、そうかもなぁって、少し洗脳されてきて、少々納得気味です。
確実に、自分はMな気がしてならないです(笑)
いいのかなぁ、最近のオレ。
[PR]

by harry_hk | 2006-12-09 22:36 | 戯言

いじめの話

世の中では、いじめの問題が取り沙汰されていて、本当に洪水のようで。
直接、それに対してコメントすることではないのですが、自分なりにしたことを今回は書こうと思います。

成人したぐらいの人たちに、いじめについて数回にわたって話をしました。
ですが、いじめが悪いかどうかという倫理的な話はしないという前提のもと進めさせてもらいました。
それは逃げていることなのかもしれないのですが、それよりは、話したことに対して、自分なりにどう行動するのかは、個人の主体的な問題で、人にコントロールされるような問題ではなかなと思うところがあったこととか、「大人」としてというところとか、色々な思いからでした。
ですが、理屈というよりは直感で思ったので、軽率だったかもしれません。

いじめに関する今の現状を数値で理解すること。
いじめのカラクリ。
マスメディアの報道の仕方。
行政の対応。
などなど。

それらをした上で、実際にいじめ受けた人物の遺書と状況検分の文書を見てもらいました。
ただ、気分が悪くなる人もいるかと思うので、十分に注意してもらったのですが。
そこから、なぜ、その方はこのような文章を書いたのか。
その人は、周りの人にどのような思いだったのか。
亡くなってしまおうと思ったのはなぜなのか。
加害者の思い。
傍観者である「みんな」の存在。

みんな暗い面持ちでした。
でも、それなりに思うところがあったみたいで。

報道ではなく、実感することにとても不思議な感覚になったようです。
血や肉になったというのか。
みんなで考える機会を与えていただいて、感謝しつつ、最後に、お亡くなりになった方のご冥福をみんなで祈りました。

ただ、自分の力量があまりにも足りないので、本当にこの話やテーマで良かったのか反省するばかりなのですが、自分もひとつ先に進めたような気がしました。
[PR]

by harry_hk | 2006-12-09 21:42 | その日暮らし

こ、こんにちは

すいません。
最近、本当にガタガタしていたのですよ。
いろいろあって。
というか、色々ありすぎて、なんだかよくわからないです。
風邪をひいたと思ったら、喘息になったらしくて、いまだに薬は飲んでるし。
家が大騒動になったり。
それに、色々な会社と折衝に追われ。
毎日家に帰るのも明け方だったりで、フラフラ。
でも、なんだか前に少し進めそうな気がします。
人間ってやっぱりすごいですね。
案外、なんとかなるものなかも知れないですね。
今回は特にそう思いました。
あまりにもクルクルしていたので、周りの景色の移り変わりにも気付かず、大垣駅のホームで見た雪に画然として、涙してしまいました。
やっぱり、気付いたことをちょっとずつブログに書きたいなと思うのですよ。
書くことで、少しずつ自分を振り返ることができて、それで、少し前に進めるような、そんな気になります。
まだまだ忙しくて、代わり映えの無い毎日なのですが、そこからもちょっとした変化を見つける余裕というか、気持ちが欲しいなと思う・・・いや、願うのでした。
[PR]

by harry_hk | 2006-12-08 16:22 | その日暮らし